MENU

夜勤専従看護師の働き方

夜勤専従,看護師,働き方

夜勤専従看護師は夜勤を専門に行う看護師の仕事になります。通常では看護師は夜勤と日勤の両方をローテーションで受け持つのが一般的です。。

 

しかし、この方法では生活リズムを作るのが非常に難しく、勤務も不規則になるためにプライベートの予定を立てることが出来ないなどの問題が出てきます。
夜勤専従の場合には勤務時間が一定になるため生活リズムが立てやすく、プライベートな時間も作ることが可能です。

 

夜勤専従看護師の一番の魅力は給料です。夜勤手当が毎日つくことになるため大きな収入を得ることが可能です。また、夜勤の時間帯は職員が少なく患者も眠っている状態のため、余計な人間関係が少なくてすむために働きやすいという人も多いです。

 

ではメリットばかりかというとそうではありません。一般の人とは生活が逆になるため、一緒の時間をすごすことが難しいということがあります。特に家庭を持っており、配偶者や子供がいる場合には一緒に一日を過ごしたりすることが難しい場合があります。
独り身であり、仕事で給料をどんどん稼ぎたいと考えている人にはおすすめの仕事ということが出来ます。

 

夜勤の仕事は基本的に少人数で対応することとなります。そのため、多くの患者を相手にするために病状などの把握はより大変になります。また、頼ることのできる職員もいないことが多いため自分ひとりで責任ある仕事を行うことができ、緊急時には適切な対応を行うことができる能力がなければつとまらない仕事です。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト


夜勤で働くメリット、デメリット

夜勤専従の看護師は、夜勤だけの出勤になります。デメリットとして人が寝ている時間に起きて働けなければいけません。女性にとっては、夜間の睡眠は、ホルモンバランスなどの影響を受けやすいと言われています。また、夜間、夜勤で肌荒れなどを起こす方も少なくないのではないでしょうか?

 

夜勤で働く看護師さんの中には昼間に上手に眠れる方もいれば、昼間にあまり良い睡眠が取れない方も居ますよね!夜勤専従で働き始めは、睡眠に悩まれる方も多いですね!
夜勤専従看護師で働くデメリットもありますが、もちろんメリットもあります。
看護師の夜勤は報酬が高いですね!夜勤をしない看護師さんと夜勤をする看護師さんの給料の差は、すごいですからね!夜勤に占める給料の割合は多いと思います。

 

これを夜勤だけ働けば、報酬は魅力がありますね!働き日数が少ないので大幅に給料が高くなることはありませんが、少ない出勤日数で稼げることは、プライベートの時間が増えるということです。夜勤で働くので昼間に睡眠をしっかりとる必要はありますが、夜勤の看護師の仕事にも仮眠の時間などもあるので、それほど睡眠にこだわる必要はないですよね!

 

夜勤専従看護師の仕事は、時間的に夜間なら働ける方や少ない日数でもそれなりに稼げる働き方を希望する方などにはメリットのある働き方だと思います。