MENU

夜勤専従看護師の悩み※生活リズムの乱れ

夜勤専従看護師というのは、病院などに入院をしている患者さんの容態が夜の間に悪くなったりした場合に、すぐに対応することを目的とした業務が主なものになります。
そのため、一般的な看護師さんが交代制で日勤と夜勤を繰り返すのに対して、夜勤専従看護師の場合には夜だけお仕事をするという形が多くなります。

 

夜勤が専門なので、日中は自由な時間をとることが出来る反面、生活リズムが他のひととずれてしまうという悩みを抱えている看護師さんも少なくありません。

 

また夜間に起きて昼間は眠ると言う事も多いので、昼夜が逆転してしまい、体調を崩してしまうという人もいます。夜勤専従看護師の中には、まだ若く独身の方もいらっしゃいますが、職業柄夜に睡眠をしっかりととれないことで、妊娠しにくい体になってしまうという悩みを抱えている人も少なくありません。

 

夜の10時から2時までというゴールデンタイムに体の細胞が作りかえられたりすることは、ご存じの方も多いと思いますが、健康な卵子を保有するためにも睡眠というものは重要な要素になるということです。
しかし、それらは健康的な食事をしっかりと摂ることなどでも補う事が出来ますし、過度に不安になる必要は無い問題と言えます。むしろ、夜はいつも仕事なので、友達などと飲みに出掛けたりする事が出来ないとか、恋人とゆっくりデートをする事が出来ないので不満だというような声の方が大多数を占めるのかもしれません。

 

夜勤専従看護師年て働く事への悩みを相談する