MENU

夜勤専従看護師の現状

看護師として仕事をしている方の中には夜勤専従看護師と呼ばれるものが用意されています。
一般的な業務の場合では、朝から夕方までの勤務に限定されていることが多い傾向にあり、多くの社会人が希望するところでもあります。

 

しかし、看護師の場合では、24時間を分担して業務を行う必要のある病院があり、通常では入院用の施設を持っている病院になります。
この業態の場合では、2交代制や3交代制に分かれて勤務することも行われているのですが、シフト制によって仕事をしている方の場合では、不規則な就業内容とされてしまうことがあります。

 

その一方で夜勤専従看護師の場合では、その文字通りに夜勤を専門としていることになるために、人によっては希望される方も多く、一定の人気を持っている仕事としても知られています。

 

看護師の場合では元々が給与は高めに設定されているものですが、夜勤専従看護師の場合では、通常よりも高い給与設定が行われていることが一般的になるために、お金の面でも優遇されていることが分かります。

 

また、昼夜逆転の生活を送ることになりますが、3交代制などのシフト制と異なって、比較的安定した生活を送ることも可能とされています。現在では人手不足とされている一面も大きく、夜勤専従看護師として勤務を希望されている方は、意外とスムーズに勤務する病院などを選択できる環境にあることも、良い一面として挙げることができます。
給与面に関しては病院によって変わる部分がありますが、一般的なOLよりも高い水準で推移していることもメリットになります。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト