MENU

看護師の職場、仕事、給料の現状

看護師は高年収の仕事で知られており、景気に関係なく安定して稼ぐことができます。
それゆえ、世間一般では収入にこだわる人は少ない職種だと思われていますが、看護師の転職自由としては収入に関する不満が非常に多いのです。
平均年収を見ると500万円近い金額であり、一般的な職種の中ではかなり高い金額です。
しかし、これらはあくまで平均であり、実際の年収は300万円〜700万円というように幅広いのです。
給与と仕事内容のバランスが悪いと感じれば、不満が溜まって転職したくなるものです。

 

年収アップが目的の転職なら、若いほどチャンスは大きくなります。
マネジメント能力があり、人材管理能力に長けている方ならば、40代以降でも高い給与は目指せます。
しかし、一人の現場看護師として働く場合には、売り手市場と言えるのは20代〜30代となっているのです。

 

インターネットが庶民レベルで普及し、求職者は仕事探しが楽になりましたが、これは求人側にも言えることなのです。
同スキルを有する人材ならば、若い人材から優先的に雇用していくものです。
若いほど将来的な伸びしろがあると判断されるので、採用率が高くなるわけです。

 

若いうちに転職をすることは、昇給回数を増やす上でもメリットがあります。
転職を繰り返す人よりも、一つの職場に長期勤続している方のほうが年収は高くなるものです。
転職をむやみに繰り返すことは、生涯収入を減らすことにつながるため、高待遇の職場を見つけるなら若いうちがチャンスです。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト