MENU

夜勤専従看護の労働基準法

労働基準法では一週間当たりの労働時間を最大40時間以内、一日8時間以内と定めています。また、一定の条件を満たした場合に限り既定の労働時間を越えて勤務することができますが、その際には賃金の割増や健康管理の徹底などの厳しい条件があります。
但しこれは一般的な日勤の場合で、夜勤専従看護師の場合にはさらに厳しい制約が設けられています。

 

夜勤専従看護師の場合には、基本的に夜勤が中心となるため一回当たりの勤務時間が長いのが通常です。また、看護師の業務は一般の職業に比べ負担の重い職業であるため、看護師に関しては労働基準法の規定を内包する形で診療報酬の入院基本料算定ルールというものにより規定されています。

 

このルールによれば、夜勤専従看護師の月の勤務時間の上限は144時間と規定されています。夜勤専従看護師は一回当たりの勤務が概ね12時間ないし16時間というのが一般的であり、概ね月9回ないし10回程度の勤務をしているところが多いものです。

 

しかし、月に10回も夜勤専従の業務を行うというのは現実的にはかなり過酷な勤務状態であると言えます。看護師という仕事の性格上、長時間勤務になることは避けられないため労働基準法においても変則勤務という扱いになり一日8時間、週40時間という原則が適用されない場合も多く、その為法律で定める月の合計の数字が満たされていれば抵触しないという実態も有るのです。

 

また、夜勤専従看護師の場合には残業時間の規制も設けられていることから、実態としては労働条件が劣悪になりやすいという問題も有ります。その為、職場自身で夜勤専従看護師の勤務状態を把握し適切に対処することが重要なのです。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト