MENU

介護施設、特別養護老人ホームの夜勤専従看護師求人

特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護施設では、夜勤の勤務があります。
特に老人保健施設では、医師が常駐しているため、看護師が日勤・夜勤に入ります。

 

介護施設での夜勤専従看護師の業務は、気補填的に入居者の健康管理を行うことです。状態を管理するために、いろう処置やじょくそう処置など医療的な措置を行います。医療機関の夜勤とは異なり、仕事の量がそれほど多いわけではないので、わりと落ち着いた状態で仕事ができます。

 

夜勤に意志は常駐していないので、入居者に急変があった場合には、医師に連絡して支持を仰ぐ流れになります。急変があった際は、連携医療機関へ救急搬送を行うことが基本なので、夜勤専従看護師は家族への連絡、手配、状況の説明の業務となります。
介護施設のでの夜勤専従看護師のメリットは、ゆったりとした環境の中で夜勤勤務を希望している方にとって、働きやすい環境といえます。

 

又、デメリットは、病院などの医療機関の夜勤と比べて、給料が安いことが挙げられます。又、介護施設での勤務体制は、介護福祉士2人に対して、夜勤専従看護師は1名体制であることが多いので、リーダーとして決断力、判断力が求められます。看護師としての業務以外に、介護福祉士と同じように入居者の介護を行う必要があります。

 

看護師のスキルだけではなく、入居者の年配の方の話し相手になって安心してリラックスさせるスキルも必要となります。
あらゆるスキルが必要になるので、やりがいのある仕事といえます。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト