MENU

夜勤専従看護師と日勤看護師の違い

看護師の働き方には、夜勤専従と日勤看護師の二つがあります。どちらの働き方にするかによって、仕事の内容には違いが出てきます。
日勤看護師は、たいていの病院で8時30分〜17時くらいまでの勤務時間となっています。病棟で働く場合は、医師の指示の下で患者の処置などを行います。
「検温」「入浴のサポート」などが主な業務ですが、日中の患者の様子を引き継ぎの人に伝えたりするのも大事な業務です。

 

外来で働く場合は、医師の診療のサポートが主な業務ですが、受付が済んだ患者から聞き取りなども行います。
外来は基本的に勤務時間が決まっているので、働きやすいスタイルといえます。

 

一方、夜勤専従には2交代制と3交代制があり、3交代制はさらに準夜勤と深夜勤に分かれます。
準夜勤は、患者の申し送りを受けてから、夕食のセッティングなどを行います。
ケアや配薬などをこなしつつ、深夜勤の人にバトンタッチする準備を進めていきます。

 

夕方からの出勤なので、日中の時間を自由に使えるという利点がありますが、仕事のリズムに慣れるまでがしんどいかもしれません。
深夜勤は、準夜勤から申し送りを受けてから、配薬の準備・体位の変換・朝食のセッティングなどを行います。
体力的にしんどい面はありますが、夜勤手当が付くという利点があります。

 

2交代制は、準夜勤と深夜勤を合わせた感じの業務内容になります。
勤務時間が16〜17時間と長めですが、その分休日は多くなっています。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト