MENU

非常勤の夜勤専従看護師

看護師の勤務形態には、日勤・夜勤、午前診・午後診、夜勤専従の仕事があります。
配属部署によっても勤務形態は、全く異なります。入院設備のある医療機関では、日勤の時間帯のほかに、夜勤での業務が必須となります。
正社員の方であれば、夜勤業務を含む二交替の9:00〜17:00、17:00〜9:00、三交替の9:00〜17:00、17:00〜12:00、12:00〜9:00という時間帯での勤務が多いです。

 

しかし、正社員の方だけでは、人材が不足するケースもあるので、夜勤専従で人材を雇用するケースも多いです。
夜勤専従看護師の業務には、非常勤で雇用するケースが多いです。日勤の時間帯と異なり、時給・お給料はかなり高収入なので、人気がある業務の一つです。

 

家事や子育てに忙しくて、昼間が働きにくい方にとっては、夜勤専従の仕事が働きやすくて、しかも高収入なので、夜勤専従看護師はぜひ就きたい仕事です。

 

しかし、夜勤専従看護師の業務は、生活のパターンが昼夜が逆転して体内リズムに少なからず影響を与えます。夜勤専従看護師は、この生活のパターンが慣れるまでは、ペースがつかめなかったり、十分な睡眠と疲労の回復が難しい場合があります。
精神や体力に自信のある方、急な状況において的確な判断ができる方にに向いている仕事といってよいでしょう。
非常勤の雇用形態で、1ヶ月が短時間の仕事であっても、夜勤がゆえにお給料が高いので、メリットのある業務です。

 

夜勤専従看護師バイト求人に強い看護師求人サイト