MENU

常勤で働く夜勤専従看護師

高齢社会となった現代、医療の重大な担い手である看護師の重要性は、あらためて言うまでもありません。
そんな看護師の勤務形態には、幾つかのパターンがあります。

 

個々の医療機関によって違いはありますが、一般的には、3交代制、2交代制という勤務です。
大雑把に申しますと、3交代制では、日勤、準夜勤、深夜勤、そして、2交代制では日勤と夜勤に分かれている、というケースが多く、常勤の場合は、この交代制のシフトで働くことが普通です。

 

ただ、昨今の傾向として、日勤だけ、あるいは夜勤のみといった形態を選択する看護師も増えてきました。
育児や介護の必要がある人で夜勤が難しい場合など、他のスタッフが夜勤を肩代わりしなければなりませんが、これにも限界があります。
そこで、夜勤専従看護師の存在が価値を持ってくるのです。

 

現代では、日勤のみに専従したいとの希望を持つ看護師が増えてきていますので、夜勤専従看護師のニーズは急激に高まってきています。
もちろん、夜間、休日のみの診療を行う救急施設などでは、夜勤専従看護師が常勤していることは言うまでもありません。
夜勤専従看護師の仕事内容は、勤務している医療機関によって、大きく異なっています。

 

救急病院であれば、緊急時対応がメインとなってきますし、一般病棟での夜勤専従では、日勤業務が円滑になされるためのサポート業務や、入院患者さんの観察が主な職務となってきます。

 

実は、夜勤専従看護師は、求職者からの人気は絶大です。
その理由は、高給与であることが一番です。
深夜勤務手当がつきますし、また、賞与も優遇されているケースが多いです。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト