MENU

夜勤専従看護で働くデメリット

夜勤専従看護師,働く,デメリット

日勤のみで働く事を希望する看護師さんが多い中、夜勤だけ働く事看護師さん、夜勤専従看護師で働く事を希望される方も居ますよね!
夜勤専従看護師さんは給料面では満足出来ている方も多いのですが、働く上でのデメリットも多くあります。

 

まず、夜勤専従看護師を始められた看護師さんは最初に悩むのが、昼の夜が逆転する事です。本来人間は夜に睡眠して昼間に活動するサイクルが遺伝的に組み込まれています。
夜勤で働く事はこれを逆転した生活をしなければいけなくなります。この事で体調を崩す方も少なからずいらっしゃいます。また夜の勤務のい後に中々寝付けない方も居て、寝不足が慢性的になる方も居ますね!

 

寝不足が慢性的になる事は、仕事での失敗にもつながる事も多く看護師しての仕事の失敗は大事になる事も少なくありません。この様なリスクも有るのが夜勤専従看護師さんの仕事です。

 

夜勤専従看護師として働きだした当初はこの様な、体調を崩す方や寝不足になる方も多くいますが、すぐに慣れる方がほとんどです。しかし極まれに、時間が経っても慣れない方も居ます、この様な方は夜勤専従看護師に向いていないと思われます。体調不良が深刻になる前に、辞められる事をおすすめします。

 

この様に夜勤専従看護師さんもメリットもあればデメリットもあります。また合わない方も居ますので自分が向いているのか?デメリット以上にメリットがあるのかなどは、個人個人違いと思いますので、自分に合う働き方なのか見極める必要もあると思います。特に夜勤専従看護師の仕事は昼夜が逆転する生活になるので体調管理などは大変になる事も有ります。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト


夜勤の看護師の大変なこと

夜勤、夜勤専従の看護師さんは、日勤と違い最小限の看護師さんで作業することがほとんどです。何もない日なら問題はありませんが、患者さんの急変や救急病院なら急患など忙しい日の差が激しくいろいろな事に対応できるだけの経験やスキルも必要になりますね!

 

夜勤で働く薬剤師さんは報酬はいいのですが、仕事内容は日勤に比べられないくらいに大変になる日も多く、対応力も必要になりますね!夜間に急変する患者さんも多いので、夜勤専従の看護師さんは、不測の事態の対応力、判断力はいつも求められます。

 

看護師さんの多くが夜勤を嫌がるものわかりますね!夜勤で嫌な思いをする看護師さんも多く、報酬面で大幅なダウンをしてでも夜勤をしなくてもよい職場への転職をお考えの方も多くいますよね!

 

看護師の夜勤は日勤とはまた違う大変なことも多く、夜勤専従で働く看護師さんは、給料、報酬がよい代わりにそれだけ大変な仕事だと言えます。悪いことばかり書きましたが、夜勤も何事もない日も多いので毎日ピリピリしている訳ではありません。