MENU

夜勤専従看護師の労働時間

夜勤専従,看護師,労働時間

看護師の職場においては徐々に夜勤専従看護師というのが浸透してきています。働き方が多様化したことを受けて夜勤専門の求人が増えてきました。

 

今までは日勤の看護師たちが交代制で夜勤を受け持ってきましたが、夜勤専従看護師という労働形態が生まれたことにより、大きな病院では夜勤は先住の看護師に任せて日勤の看護師は日勤のみで働くという雇用形態が定着しつつなります。

 

夜勤を専従に担当する看護師の登場によって働き方が多様化したことに加え、日勤の看護師の負担が軽減されつつあり、労働環境に変化がもたらされることとなりました。

 

気になる夜勤専従看護師の労働時間についてですが、一日あたりの労働時間は日勤看護師に比べて長くなります。時間にすると一日12時間から16時間と長く設定されているので通常よりも拘束時間が長くなります。しかしながら、そこには日本の労働基準法という法律によって定められた労働時間を超えることはできません。

 

そこで、夜勤専従の看護師の場合、一日の労働時間が長めになる代わりに休みが多くなります。一日あたりの働く時間は長くなりますが、それだけまとまった休暇をとることができてゆったりと過ごすことができます。このような新しい働き方は、特に若い世代に受け入れられてきています。

 

夜勤専従看護師の場合、夜勤手当がつくので日勤先住の看護師に比べて手当が色々とついてきます。その結果、一ヶ月の収入にも大きな違いが生じてきます。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト