MENU

夜勤専従看護師で働くメリット

夜勤専従看護師,働く,メリット

夜勤を避ける看護師がいる一方で、人気があるのが夜勤専従看護師です。

 

夜勤専従看護師の一番のメリットは、給料が高い事です。

 

夜勤をすると手当がつきますから、1勤務当たりの給料が、3、4万円になります。

 

2交代制の病院の場合、勤務時間は長くなりますが、勤務中に休憩や仮眠を取る事ができますし、少ない日数で効率良く稼げます。
月に10日働くだけで40万円近く稼ぐ事ができます。

 

そして、休みが多く日中は自由な時間なので、プライベートを充実させる事ができます。

 

最近では、24時間制の院内保育園が設置されている病院も増えていますから、そのような環境の職場であれば、子育てをしている看護師でも安心して夜勤ができます。

 

スキルアップの為に勉強をしたい看護師も、日中に勉強をする時間が充分に取れます。

 

ただ、スタッフ不足で少ない人数で回しているところなど、職場によっては仮眠や休憩が充分に取れずに、負担が大きいところもあります。

 

そのような職場では、身体に負担がかかってしまい、プライベートを楽しむ事ができません。

 

ですから、夜勤専従で働く場合は、職場環境を事前にしっかりチェックする必要があります。

 

働きやすい職場であれば、夜勤専従はプライベートを充実させたい方にはお勧めの仕事です。

 

夜勤ができる看護師は需要が高く、夜勤専従の仕事も常に沢山でています。

 

ただ、あまりにも給料が高い職場は、激務な職場という事も考えられますから、慎重に職場選びをする事が大切です。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト


夜勤専従看護師のメリット その他

夜勤専従看護師はなれれば大変お得です。夜勤は、日勤と異なり時間に余裕があると思います。 生活リズムも専従であれば、つかみやすいといえるでしょう。 日勤、夜勤とコロコロかわるのは、リズムがくずれやすいと思います。 とくに年齢とともに、強く感じると思います。 年齢とともに疲れは解消しずらいでしょう。日勤なら日勤、夜勤なら夜勤と専従するのが楽ちんだと思います。同じ時間働くのであれば、夜勤手当、時間外手当がつくほうがよいでしょう。 朝起きるより、夜から働く方が適している方もいるでしょう。時間の余裕、流れは夜勤専従のほうがつかみやすく、あると思います。 人はやはり時間に余裕がある、無しで対応も異なるでしょう。 対応も丁寧でなおかつ、優しくなると思います。 お互いがお互いで気持ちよく仕事を進めるといった点を考えても専従の方がよいと感じます。時間給が高く、人当りも柔らかいとなればやはり夜勤専従のほうがよいのではないでしょうか?スキルを磨くといった点でも、きちんと指導してもらえるとおもいます。 やはりきちんとした指導とは、時間の余裕がある中で行うことが必要不可欠だと思います。 一から十まできちんともれなく指導がゆきとどくでしょう。 実践で覚えることも必要ですが、基礎はやはりきちんと教わる必要があると思います。人間関係、待遇、スキルアップなど多くの点から比較しても、夜勤専従はメリットづくしではないでしょうか? あくまで自己の感想ではありますが・・・。