MENU

夜勤専従看護師の就業規則

夜勤専従,看護師,就業規則

通常、看護師に適用される就業形態はほとんどの場合、交代制が日勤制が取られている医療施設が多く見受けられます。交代制においても就業規則がしっかりと定められている事業所も多く、そのほとんどは労働基準法に抵触しない内容となっています。

 

看護師にある特異な就業形態ともいえるものに夜勤専従看護師がありますが、実際のところ労働基準法には記述が無いのが現状です。そのために既にある法律を解釈して援用されてい場合がほとんどとなっています。

 

この場合に使われる法律は厚生労働省で定めている診療報酬の入院基本料算定用件という項目を援用することになり、多くの事業所においてもこれを活用しています。
ここでは夜勤専従看護師に対し、最大で1ヵ月当たり144時間までが就業できる時間として定められています。この時間数は日勤に比べて夜勤は看護師への負担が重くなりやすく、その負担を軽減するために設けられたものです。

 

通常、夜勤においては1回の夜勤が12時間から16時間が一般的とされており、ここでは16時間を参考時間として取り入れています。その中には休憩や仮眠の時間も含まれており、就業するのに苦痛や負担がないようになっています。

 

仮に休憩時間が1時間30分とすると実際の労働時間は14.5時間となり実質的には1カ月に9回の稼働となるために130.5時間ということが理解できます。休憩時間の算入には労働基準法で決められたものであり、そこに問題はありません。

 

夜勤専従看護師は個々人の事情などにより、その時間帯でしか働くことができない人も多く存在しますが、休憩時間や仮眠などの規定に関しては事業所における就業規則などを確認することが大事なこととなります。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト