MENU

夜勤専従看護師に必要なスキル

夜勤専従,看護師,スキル,経験

団塊世代の定年退職や、少子化による人口減少に加えて、景気回復局面ではさまざまな現場で人手不足が起こります。
看護師や医師など、医療現場では国家資格と専門知識が必要なので人材不足はより深刻になりますが、一旦職に就くと、体力的にもハードで労働時間も長いなど、働く人の負担が大きいのが課題です。

 

そのため、資格とスキル、豊富な病棟勤務経験を持つ熟練看護師でも、結婚など、人生の転機を機に家庭に入っていしまう人が少なくありません。

 

一方で、体力があって長時間労働もできる若い人材は、資格と知識はあっても経験の面で熟練者のスキルには及びません。

 

ところで、病院の夜間のスタッフは、日中に比べると少ない人数で不測の事態に対応する必要があり、一人一人のスキルはより高く求められます。また、院内の用具の保管場所などは指導を受けることがあっても、医療に関する知識などは持っていることが当然に求められます。

 

そこで、豊富な経験と知識を持ちながら、体力や勤務時間の問題で職についていない人材に夜勤専従看護師としての活躍が期待されます。

 

夜勤専従看護師は、一回当たりの賃金が常勤に比較すると相対的に高い場合が多い一方、一人一人のスタッフに求められるスキルと責任もそれに比例して、常勤スタッフ並みか、時にはそれ以上に高度に求められます。

 

そのため、夜勤専従看護師の雇用をする病院や、勤務先を探す人は、ともに、ミスマッチを防ぐため、医療スタッフ専門の人材マッチングサイトや人材紹介会社を利用することが大切です。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト