MENU

家事や育児と両立の夜勤専従看護師

家事,育児,両立,夜勤専従,看護師

夜勤専従看護師として働くのであれば、家事や育児をこなしながらするのは難しい物でしょうか。
出来るだけ子供には寂しい思いをさせずに働いた方が子供の為にもなりますので、働き方を考えるようにしなくてはなりません。
夜勤専従看護師として働く時間は、夜中から朝8時くらいにかけてが多くなります。
朝8時までとなると仕事から自宅に帰ってくるのは9時頃になりますので、子供が学校に行った後になるでしょう。

 

しかしそこから寝るようにして夕方の16時くらいまで寝れば、6から7時間くらいは眠ることが出来るようになります。
もしも子供が小学校の高学年くらいになっているのであれば、学校からの帰宅時間は16時くらいになるはずです。
その頃に起きるようにすれば、そこからは子供との時間を一緒に過ごしたり家事をこなすことが出来るようになるのです。
学校であった事を聞くことも出来ますし、一緒に夕食を取ることも出来ます。

 

そして、子供の宿題を見てあげることも出来るようになるでしょう。
そうすれば子供との時間をしっかりと持つことが出きるようになりますので、子供にあまり寂しい思いをさせなくてもすむようになるのです。

 

夜勤専従看護師として働くのであれば、子供が小さすぎる時にはやめておくようにして、ある程度大きくなってから働くようにするといいでしょう。
そうすれば、家事もきちんとこなしながら両立をさせていく事が出来るようになりますので、働きやすくもなります。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト