MENU

夜勤専従看護師の勤務、これから夜勤看護師を始める方へ

私もそうでしたが、夜勤専従ときいて、とてもハードな内容を想像してしまいます。
しかし実際はめったに忙しい状況なんておきませんよ。考えてみたらそうです。

 

夜勤専従にかぎらず、夜の勤務というものは基本的に、何が起こってもそのチームの人数で対応できるように業務内容が組まれています。もちろん何か困ったことがあれば当直の医師、師長がいますし、自分のやるべきことさえやっていればとりあえずは何とかなります。

 

噂によれば都会の大病院などは大変ながらに夜勤スタッフの負担が大きいそうですが、幸いながらうちはそこまで大きくないので助かってます。
そんな穏やかな夜勤業務中でも、気を付けるべき時間帯はやはり朝方です。巡回時に患者の呼吸が止まっていたという状況が私にもあります。
とてもショックでしたし、温和な空気が一瞬にして張り詰める瞬間です。ちょうど早出スタッフが出勤する時間帯ならラッキーですが、そうでないなら夜勤チームで対応するしかないですね。
緊急招集コールから家族への連絡、現場での対応など、看護師としての技量が試される瞬間でしょう。

 

特に自分がリーダーであるならなおさら泣き言はいってられません。夜勤専従看護師として入職希望を出される方も、初めのうちは確実に日勤で経験を積ませてもらうように相談したほうがいいかもしれませんね。

 

過酷な状況もれいにだしていいましたが、総合的にみると夜勤専従看護師の仕事内容はやはり楽です。ようは自分自身にすぐに入るスイッチを用意しておくことも必要だと私は思います。

 

夜勤専従看護師求人に強い看護師求人サイト